2018.05.25

カレーとアメコミ②:『インクレディブル・ハルク』×「オクシモロン」

こんにちは! MCUリレー第二弾『インクレディブル・ハルク』とカレーのはなしです。

 

出展:https://www.amazon.com/Incredible-Hulk-Widescreen-Edward-Norton/dp/B001DHXT20

実は、この記事を書くために『インクレディブル・ハルク』を借りにTSUTAYAへ行ったんですが、全部借りられていました。次の日も、またその次の日も。店員さんに最短の返却日を聞いて、やっと借りることができたという必死のハルクです。

ただ、インクレディブル・ハルクは現在のMCUとはあまり関係がありません。ハルク役も、現在のマーク・ラファロではなくエドワード・ノートンが演じています。

セクシーなブルース・バナー

主人公ブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、ある秘密を抱えてブラジル・リオデジャネイロに身を潜めていました。

科学者の彼はアメリカで超人兵士実験(キャプテンアメリカに施された、体をめちゃめちゃ強くする実験)の研究に携わっていたのですが、自らの体で実験をして失敗。感情が抑制できなくなると緑の巨人“ハルク”に変身する体になってしまったのです。

彼は身を潜めながらも感情をコントロールする術を模索し、またこの体を治療するために謎の研究者・ミスターブルーと交信を図って日々を過ごしていました。

しかし、働いていた飲料製品工場の作業中に指を切ってしまい、その血が混入した商品が出荷。民間人が飲んでしまうという事件が発生します。これにより、ブルースの行方を探していた軍が居場所を突き止め、逃亡劇が始まります。

この、エドワード・ノートンが演じるブルース、困り顔で影があるところがとてもセクシー。働いている工場では汗ばみながら勉強したポルトガル語を話し、上司に呼ばれ機械を直す姿に同僚のセクシー美女もメロメロ。ブルースってこんなにエロいの? と目を疑います。

 

ベティとのラブロマンス

出展:http://marvelcinematicuniverse.wikia.com/wiki/File:Bruce_Banner_and_Betty_Ross_-_The_Incredible_Hulk.jpg

 

ハルクになる前の恋人、ベティ(リヴ・タイラー)とのラブロマンスも見所です。ベティは超人兵士実験を再始動し、ハルク化したブルースを追っかけ回しているロス将軍の娘でもあります。(そう、このお話は美女と野獣であって、ロミオとジュリエットなんです)姿が変わってもブルースの心を見つめることができるベティと、理性を失ってハルクになっても本能で彼女を守り続けるブルース。中盤、ハルクがある戦いで負傷したベティを洞窟に連れて行くシーンがあるのですが、激しい雷と雨で不安定になった彼に対し「大丈夫、ただの雨よ」とベティは優しく語りかけて落ち着かせます。ハルクは変身すると自分が何者かも分からなくなるんですが、愛する人のことは感じ取ることができるんですよね。

また、ベティがブルースと一緒に逃亡する中で人間のブルースの姿を写真におさめる場面があります。もちろんハルクになっても彼への愛は変わらないけれど、ベティだって彼を失うことが怖いのだと切ない気持ちになります。

 

ハルクのパンツ問題

出展:https://www.pinterest.jp/pin/244883298463888920/?amp_client_id=sOUvrcPZTNkv3MQMuahGUeDeMVpxluvHRDo-x2ya_L9pljsTvsI9kiHZNjdguYgM&mweb_unauth_id=3de243adc2ca314e6bc085bbfd42d998#details

 

そして忘れてはいけないのが、ハルクパンツ問題。怒りを制御できなくなると勝手に体が巨大化してしまうハルクですが、履いているパンツはどうなるの?

現在、マーク・ラファロが演じているアベンジャーズのハルクは体のサイズに合わせてパンツが伸縮する魔法のパンツを履いているのですが、エドワード版ハルクでは最初に変身した際、パンツも伸び切っていました。(伸び切って、明らかにサイズオーバーなのにパンツの原型は留めていた!!)

人間に戻った際、余った布を握りしめながらよたよた歩くブルースの姿が描かれています。

その後、ストレッチの効くパンツも購入していましたが、核心には触れられず。根深いパンツ問題ですが、一応パンツを気にしている事は描かれていたので折り合いをつけたということで良いですかね。


ハルクを羨ましく思うとき

わたしがハルクに一番惹かれるのは、二面性が分かりやすく存在しているということ。

人間、誰しもが多面的な部分を持っていますが、それが全て表に出たら「変な人」になってしまうし、コントロールできませんよね。

インクレディブル・ハルクでは、心拍数が200以上になるとハルクに変身する、というポイントがあります。心拍数は怒りだけではなく、興奮したり、感動したり、様々な要因で上がります。

体が大きくなって色んなものを破壊されたらたまったものではないですが、感情がはっきりわかる存在って分かりやすくていいなぁ、と思います。

 

『インクレディブル・ハルク』と「オクシモロン」の「和風キーマカリー」

 

さて、ハルクに合うカレーのことを考えた時に、緑は外せないけれどグリーンカレーではない。主張が強すぎる緑の野菜ではないし、、と結構悩んだのですが、映画を観終えてすぐにひらめいたのが『オクシモロン』の和風キーマカリーでした。

 

オクシモロンは元々鎌倉のお店ですが、わたしがよく行くのは二子玉川店。村上愛子さんが手がける、スタイリッシュで優しいお店です。

 

 

和風キーマカレーは、オクシモロンの代表メニュー。優しくて繊細なブルースを、野菜たっぷりでお肉がつまったキーマが、理性を超えた「緑」のハルクを、万能ねぎが、ねぎはたくさんだけれど、覆いつくされていないというのがハルク的です。そして半熟たまごは、ブルースに愛を与えるベティですね。混ぜたらより優しくて甘い味になります。

カレーには豚肉、ごぼう、にんじん、味噌が入っていて、豚汁にインスピレーションを受けたのだそう。日本人がホッとするカレーです。

ベティを前にしたブルースみたい。

 

●オクシモロン 二子玉川店

住所:東京都世田谷区玉川3−17−1
玉川高島屋S・C 南館7階
定休日:元旦

 

ハルクと和風キーマカリー。うんうん、個人的に好きなコンビネーションがうまれました。

インクレディブル・ハルク、現在のMCU作品にはあまり関係ありませんが、ハルクの強さに憧れすぎたヴィランのアボミネーションも面白いのでよかったら観てみてね。

次は、トニーとお父さんの絆に涙する『アイアンマン2』だよ!!


●文/ SATOMI

1990年生まれ。都内在住のOL。『パリ在住のアメコミ好き女店主が、ヴィレバンの一部を持ってきた店内で元気の出るカレーを作ります』がコンセプトのカレー屋をやるのが夢。