2018.01.3

勝手にアワード『輝け!日本ぬカデミー賞』を新設いたします。2017年ノミネート候補作品一覧

ぬカデミー賞つくります。

こんにちは。ぬカデミー賞選考委員長、兼・大人気映画コーナー『友よ、映画狂の詩を唄おう』のライター・兼 東京饗宴 編集長のロックスこと、額賀 一(ぬかがはじめ)でございます。

皆さん、2017年はどんな映画を観ましたか? 僕は仕事柄沢山の映画とであうことができました。

そこで!!!

ロックスが勝手にその年に国内で劇場公開された映画を表彰したいと思います。私、本名が「ぬかが」ですので「輝け!日本ぬカデミー賞」というアワードでございます。(※なんでもいいので頭の文字を「ぬ」に替えるとアホっぽくなる、という「ぬ」の破壊力が自慢です)

栄えある大賞に選ばれた作品にはなんとオリジナルの「ぬスカー像」を本当に作品の監督に送り付ける予定となっています。さらには絶対に本人が来ない授賞式も開催したいと思っています(今年の授賞式の開催は未定です)

部門について今年は「邦画部門」と「洋画部門」とします。ゆくゆくは俳優賞だの脚本賞だの作りたいですが、今年はこの2つで勘弁してください。

では下記、僕が2017年に観た新作映画です。

(「ロックスアホかー!お前あの作品も観てないのかバッキャロー!」とかそういう声もあると思いますが、「観てない」以上でも以下でもないので無視します。悪しからず。)

「輝け!第1回 日本ぬカデミー賞」ノミネート候補作一覧

1.沈黙-サイレンス-
2.ドクター・ストレンジ
3.マグニフィセント・セブン
4.ラ・ラ・ランド
5.ムーンライト
6.SING
7.キングコング 髑髏島の巨神
8.はじまりへの旅
9.ゴースト・イン・ザ・シェル
10.スィート17モンスターズ
11. T2トレインスポッティング
12.マイ・ビューティフル・ガーデン
13.パトリオット・デイ
14.美女と野獣
15.ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーvol.2
16.ピーチガール
17.光
18.メッセージ
19.昼顔
20.ダイ・ビューティフル
21.22年目の告白-私が殺人犯です-
22.パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
23.コンビニ・ウォーズ  バイトJK vs ミニナチ軍団
24.バイバイマン
25.銀魂
26.ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第1章
27.スパイダーマン ホームカミング
28.トランスフォーマー 最後の騎士王
29.カーズ クロスロード
30.打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか
31.ベイビー・ドライバー
32.パターソン
33.アトミック・ブロンド
34.ダンケルク
35.ワンダーウーマン
36.ソニータ
37.アンダーグラウンド完全版@ウンザ・ウンザ・クストリッツァ
38.オン・ザ・ミルキー・ロード
39.アウトレイジ最終章
40.ゴーストロード
41.MOTHERFUCKER
42.マイティ・ソー ラグナロク
43.スターウォーズEP8/最後のジェダイ
44.帝一の國
45.ローガン
46.夜は短し歩けよ乙女
47.ハクソーリッジ
48.20センチュリーウーマン
49.カフェ・ソサイエティ
50.おとなの事情
51. FREE FIRE
52.パーティーで女の子に話しかけるには

以上52作品である。

『アンダーグラウンド完全版』に関しては日本初公開なので記載した。

この中から邦画3.洋画5.作品を選出(邦画は少なかったので3とする)し、「ぬカデミー賞」を決定する予定である。

え? もっと観ろって? まあまあ、そう言いなさんな。

というわけでお楽しみに。ノミネート作品は1月中旬に発表します。
そして栄えある大賞はアカデミー賞発表当日に発表予定です。

お楽しみに!

●文/ 東京饗宴 編集長・ライター    ロックス
映画を中心に執筆活動中。得意なジャンルはB級〜Z級映画。勝手にその年の受賞作品を決める「輝け!日本ぬかデミー賞」を主宰。バンド活動、ウェブメディアの運営やイベント製作・萬屋経営など、マルチに活動中。