2018.05.1

映画を安く観よう!意地でも1800円で映画を観たくない人必見! ~前編~

先人はこう言った。『君が熱い恋をするなら相手は僕しかいない』。そんなもんはどうでもいいのですが、映画館って「1800円は高い」と思う方も多いはず。我々のような映画ファンは常時映画を観るので、どうしても映画鑑賞料というのは出費の元である。筆者は仕事で観ることもあるが、もちろん自腹で行くことも多い。そこで今回はなるべく1800円を払わずにお得に映画を観る方法を2回に渡ってご紹介する。

映画を安く観る方法①前売り券を買う

基本中の基本。打撃でいうならピッチャー返し。最近ではムビチケなんてもんもあって、コレクター魂がこちょこちょくすぐられるものも多い。大体1300円~1500円で鑑賞が可能。ムビチケにおまけも付いてきたりしてそれもまたそれで嬉しいところである。ただ、ムビチケの販売期間はものすごく短い。公開されたら当然販売はなくなるので販売期間は要注意である。

映画を安く観る方法②チケット屋で買う

販売期間の短いムビチケ、それでもチケット屋に行けば安く売っていることが多い。その日観に行くなら、劇場の窓口で買うより、まずは大黒屋などのチケット屋に行って前売り券を買いましょう。

 

映画を安く観る方法③各映画館のサービスをチェック~TOHOシネマズ編~

みんな大好きTOHOシネマズ、映画業界の王道中の王道と言えるでしょう。もはやTOHO一人勝ちなんじゃねーのってくらいTOHOは最強中の最強。山崎紘菜、俺たちTOHO好きなら絶対に知っているはずだ。

●シネマイレージカード


TOHOシネマズにはシネマイレージカードというものがございまして2つのサービスがあります。

①鑑賞ポイント

6回映画を観たら1回無料で鑑賞することが可能! 単純計算で言うと1回あたり300円オフで観ているようなもの。これを前売り券とあわせれば1回あたり平たく言うと1000円程度で鑑賞が可能なのだ。

②シネマイレージ

これ、意外と知らされていないサービスなのだが、TOHOシネマズはこれがあるからマジで熱い。このマイレージ、映画1分毎に1ポイント加算されるのだが、なんと6000ポイント貯めると1か月間映画鑑賞無料になるのだ。一日映画館に居ても無料! 熱すぎる! シネマイレージの有効期限は翌年の大晦日。つまり、1月1日にシネマイレージカードを作れば翌年の大晦日まで期限があるのだ。作るなら正月がおすすめ。無料券の他にポップコーンやドリンクにも代えることはできるが6000ポイント、貯めようぜ!

●auスマートパスに加入

auスマートパスという月額のサービスがあるのだが、月曜日はauマンデーとしてなんと鑑賞料が1100円!連れも割引が効くというサービスを実施している。筆者、このサービスのためにauに機種変しました。

●サービスデー

毎月1日は映画の日として1100円で鑑賞は可能。そして毎月14日はTOHOシネマズデーとして1100円で鑑賞ができるのだ。また、シネマイレージカードに加入をしていれば、毎週火曜日は1400円で鑑賞が可能となっている。

さすがTOHOシネマズ、充実したサービス。

今回はこれくらいに留めておく。次回は都内の各映画館サービスなど、映画を安く観てもっと映画沢山観よう!

 

●文/ 東京饗宴 編集長・ライター    ロックス
映画を中心に執筆活動中。得意なジャンルはB級〜Z級映画。勝手にその年の受賞作品を決める「輝け!日本ぬかデミー賞」を主宰。バンド活動、ウェブメディアの運営やイベント製作・萬屋経営など、マルチに活動中。