2017.12.16

【映画は愛だ。】『スターウォーズEP8/最後のジェダイ』前夜祭に参加したくて新潟まで行ってやった俺らは愉快な映画狂。【前編】

そもそも『スターウォーズ』というものは現象に近い、いやもはや現象である。

思い返せば俺たちにとっての”現象”は2017年12月1日深夜0時、この大サーガはすでにこの時点から始まっていたのである。

「東京饗宴」のクリエイター兼プロデューサーのタケオリと「前夜祭にマストで行くでしょ」という話をしていたが、チケット発売日となる12月1日の0時、私ロックスがまさかの0時を寝過ごす大失態。タケオリも0時にパソコンの画面の前で構えていたが、即完売。深夜27時にのこのこと起床した馬鹿アホくそまぬけの俺はパソコンの画面に向かった。絶望だった。

完売。

そりゃそうだ、と思い、

千葉→完売。
神奈川 他→完売。

関東はあかん、とわかった俺は西に行く。

静岡→完売。
名古屋→完売。
大阪→完売。

何クソこのやろう、と思い俺は北へ向かった。

「ユナイテッドシネマ・新潟、余裕あり◎」

よっしゃー!!!

「映画のために新潟に行くなんてロマンがある」という中2でも「は?」と思うような決め台詞が、功を奏し、渋るプロデューサーをだまくらかすことに成功。
こうして新潟行きが決まったところから、この物語は始まる。

 

12月14日(木)当日〜ライトセーバー持参

時の流れは早いもので、当日朝を迎えることになった。
旅程はこうなっている。

12月14日(木)
10:00  池袋発〜 15:00 新潟着
17:00  現地着
18:30  上映スタート
21:00  上映終了
24:00  新潟発〜29:00 池袋着、そのまま仕事へ。

ライトセーバーを持参ということで、革ジャンにタカラトミー製のライトセーバーというおしゃれメディアの編集長34歳として誇れる格好で田園都市線に乗り込んだ。満員電車の中、ジェダイの武器が気持ち以上に折れそうだった。

車両の扉横、このスペース、ライトセーバーがすっぽりと収まるようになっている。このためにつくられたのではないだろうか。

池袋に着、プロデューサーと合流しバスに乗り込んだ。

 

 

新潟道中、雪、やばい

ブロロロロロとバスに揺られている。この日の東京の天気は快晴。
電源あり、USBポートあり、リクライニングあり、と思ったより高速バスは快適である。

っと思っていたが、トンネルを抜けるとそこは雪国だった!

雪!!!

ヒートテックにTシャツ、革ジャンのみ、うっすいVANSのスニーカーの俺は震え上がった。

「山をなめるなロックス」

そんな言葉がどこからか聞こえてきた。なめてないです、なんかごめん。

 

 

到着〜カレー食って現地へ

ってことで、ついに新潟に到着したのであった。

浮かれる俺。とりあえず腹ごしらえだ。現地でも知る人ぞ知る蕎麦屋「万代そば」へ

高速バスのターミナルにあるなんでもない立ち食いそば屋なのにここのカレー

昔懐かしい黄色いカレーでございます。大盛りすごい量。これでたったの540円。

パク!うま〜い。

こんな隠れた場所、と言ったら失礼かもしれないが、これは確かに美味い。辛くも無い家庭のカレーに近いが、コクの有るトロトロの黄色いルーは至高そのもの。皆さんも一度新潟に訪れた際は立ち寄っていただきたいものである、あれ、なんの記事だっけ。あ、そうだ『スターウォーズ』!

ということで、

次回は熱狂の現場をレポートします!!!お楽しみに!!!

 

「東京饗宴」編集長・映画ライター:ロックス/ 写真:タケオリ